私の生きる道 (アメリカインディアナ州)

2016年6月、アメリカインディアナ州に移住し、家族4人日々奮闘!

ハウスハンティング ♯4 交渉成立

意思を固め、あの『落ち着く家』にオファーを出しました。
もちろん売り手の提示価格よりも値下げをお願いする形で。
そうしたら売り手は、
「そこまでの値下げはできない。ここまでならできる。」
と返事をくれました。
家族で相談して、売り手の再提示した価格で家に備え付けてある家具類を置いていって欲しいと交渉してみました。
そうしたら、OKでした!

今回の交渉では、この『家具を全部置いていってくれる』というところが、
家具を全く持っていない私達にとっては非常に嬉しくお買い得感満載で、
引っ越しを終えた今も、本当に有り難いと実感しています。
買いに行く手間も省け、費用もかなりの額に登るはずです。
実際、クイーンベッド×2、ダブルベット×1、オットマン付きソファ×4、ブラウン管テレビ×5、
テレビ台、ガーデンテーブル(チェア×4、パラソル付き)、バーベキューグリル、
そのほか、インテリアグッズ、食器、生活雑貨諸々、ワインまで置いていってくれました。
もう、そのままの状態で頂きました。
大きいもので無いのはダイニングテーブルくらいです。

私達が、最終OK出して、売買成立しました。

ちなみにこれらのオファーはリアレーターを通して行いました。
また、オファーを出してからは早いもんです。
期限が決まっていて、買い手がオファーを出したら、売り手は翌日には返事を返さなければいけなく、
返事が返ってきたら買い手はその翌日にはそれに対する返事をしなければいけません。

家が売れると、"for sale"の看板が、"sold"に変わります。
実際に私達が購入した家の看板です。

この後、銀行の立会いのもとペーパーワークです。
ペーパーワークが終わり、頭金が支払いローンを組み終わったら鍵がもらえます。
最終返事をしてから大体10日後にその日が設定されました。