読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の生きる道 (アメリカインディアナ州)

2016年6月、アメリカインディアナ州に移住し、家族4人日々奮闘!

初めてのバースデーパーティー参加

下の子のお友達のバースデーパーティーに行ってきました。
f:id:mamanose:20170318200311j:plain

実は、アメリカに来て以来、今回が初めてのバースデーパーティーへの参加です。
娘2人とも、これまでも何度か招待状を頂いていましたが、
どうも参加する勇気が無かったり、
用事があったりで毎回スルーしていました。

しかし、今回は親子ともに仲良くしているお友達だという事もあり、
初めは行かないと言っていた下の子に何度か説得して、
親子で行ってみることにしました。

直ぐにプレゼントの用意。
ギフトカードと日本の駄菓子とカードと折り紙。
綺麗にラッピングして。
f:id:mamanose:20170318200411j:plain

バースデーガールのママに
「初めてだから不安で〜…。」
とぶっちゃけ投げてみたら、
パーティーの流れなど丁寧に教えてくれました。

今回の会場はスケートリンク。
アメリカでは子どものバースデーパーティーを、
スケートリンクやパーティー会場を貸し切ってするんです。
これは上流階級だけの話ではなく、一般ピーポーの話です。
そもそもスケートリンクやパーティー会場に、
バースデーパーティーパッケージというのがあり、
お手頃価格で、2時間貸切、
音楽、スケート靴、ゲーム、ゲームの景品、カップケーキ、紙ナプキンや紙皿などなどついてくるんです。
会場のDJもいて、ホスト側も楽です。

本日はスケートリンクなので、もちろん足元はスケート靴。
下の子は初めてで何度も派手に転んでいましたが、
1時間もすればすっかり上手に走り回っていました。
f:id:mamanose:20170318200518j:plain

お友達のママに勧められて私も滑ることに。
f:id:mamanose:20170318200605j:plain

子どもの頃、光GENJIに憧れて、
一時期ローラースケートにはまっていたので、
5分もすれば感覚が蘇ってきて、なかなか上手く滑れました。

後に上の子と主人もやってきて、上の子も恐る恐る挑戦していました。
主人は絶対にやりたくなさそうだったので強く誘いませんでした(笑)

自由に滑ったり、スケート靴を履いたままゲームをしたりダンスしたり、
ケーキを食べたり、プレゼントの開封で盛り上がったり、
楽しく無いはずがありません。

下の子、初めは行きたく無いと行っていたのに、
パーティーの途中で、
「こういうの、また行きたいわ。」
と、本音を私に耳打ちしてくれました。

いつか我々がホストでパーティーを開ける日も来るのだろうかな…。