私の生きる道 (アメリカインディアナ州)

2016年6月、アメリカインディアナ州に移住し、家族4人日々奮闘!

歯の矯正 アメリカでは当たり前?

上の子が遂に矯正器具を装着しました。

以前から二軒の矯正歯科を受診し、
一軒目では歯が出てくるのに足りないスペースは
拡げることによって対処可能とのことでしたが、
念のため行った二軒目では、歯を抜くとのこと!
しかも問題となっている箇所のみだけではなく、
影響のありそうな周辺の、合計4本の永久歯を抜くとのことだったので、
急いで一軒目に舞い戻りました(笑)。

前歯にbraces(矯正器具)と、
上顎部分にエクスパンダーを装着しました。
f:id:mamanose:20170125061516j:plain
口の中のエクスパンダーの写真は
ちょっと見苦しいので載せないでおきます。

医院ではニコニコしていたものの、家に帰るなり、
変な感じかする、喋りにくい、鉄の味がする、
食べられない…など、
昨日は1日ずっと機嫌が悪かった上の子。

物によってはうまく食べられないので、
今日は久しぶりに、
食べやすいものを詰めて弁当を持って行かせました。
下の子もついで弁当。
ガム、ハイチュウ、餅、硬いものなど、
食べられないものリストを、
しんみりと長時間眺めていた姿がなんとも愛おしかったです。

今日、どんな顔して学校から帰って来るだろう…
と少し心配でしたが、
みんなに可愛いと言ってもらったらしく、
また、同じ様に矯正しているお友達とランチの後の歯磨きを一緒にする約束をしたと嬉しそうでした。

エクスパンダーは、毎日ダイヤルを回し、少しずつ少しずつ拡げていきます。
ある時点で痛みが出ることもあるらしいので可哀想ですが、
頑張ろう。

アメリカでは歯並びは物凄く重視されていて、
よほど経済的に厳しい場合を除いて矯正歯科は当たり前らしいです。
日本では八重歯なんか魅力のひとつで、
うちの子も、
「八重歯もわるくないやん。」
と言っていましたが、
ここアメリカではそうはいかないみたいです。
一生矯正歯科にお世話にならなくてもいいケースの方が少ないみたい。
学校では四年生くらいになると周りのお友達もたくさんつけているので、
仲間がいるぶん精神的に楽そうです。